HOME > 自然素材へのこだわり

自然素材へのこだわり

心地よい住まいを考える

自然素材中心の内装による心地よさ

心地よい住まいというのはどういうものなのでしょうか?

無垢の木(合板や集成材ではなく)や漆喰、和紙といった自然素材中心の内装による心地よさ
エアコンなどの設備機器に頼らずに湿気を自然に調整して、「夏 涼しく」「冬 暖かい」室内環境
大きな断面の材でしっかりと組まれた構造の安心感
外観もインテリアも自分好みにデザインされて、感性が喜ぶ空間・・・
家族と、あるいは一人で、いろんな時間を大切に、充実して過ごせる住まいを依頼者と一緒に考え、工夫しながら、楽しみながら造り上げて行く・・・

そんな過程を含めて「快」の住まいをひとつひとつ実現していきたいと考えています。

「無垢の木」を選ぶ理由

無垢の木
植林のできない日本産の栂は大変珍しく、自然生の400年位の材を加工したものです。香りはあまりありませんが、板目の表情が多彩で美しく、見本をお見せすると、お施主さんが離れられなくなってしまう魅力的な板材です。
壁や天井に直接触れることは少ないですが、床は四六時中触れている部位になるので、床材に合板や塩ビ素材を使うことはあり得ないですね。柔らかいこと、調湿能力で部屋の空気もサラッとさせてくれること、長寿命であること、傷ついても補修がきくことなど、他に変えがたい魅力がたくさんあります。
やはり一番のネックは伸び縮みをするということ。とくに床暖房のを設置した場合は「まだましな」木を選んでも、いくらかは「隙」や「反り」が少しは出てしまうことかと思います。

「漆喰」を選ぶ理由

漆喰

「和紙」を選ぶ理由

和紙

TEL:078-981-6524 営業時間:9:00〜18:00(不定休) 〒651-1333 兵庫県神戸市北区東大池3-12-21

アトリエ2馬力 吉田公彦一級建築士事務所

〒651-1333
兵庫県神戸市北区東大池3-12-21
TEL 078-981-6524
FAX 078-981-6582